審美歯科

tel_sp.png
WEB予約はこちらから

審美歯科とは

「審美歯科」とは、機能性だけでなく歯の見た目のきれいさも追求した治療で、従来のようにただ虫歯や歯周病を治すのではなく、できるだけ見た目が自然で明るい口元になることを目指した処置を行います。歯がきれいになると他人からの印象が大きく変わるだけでなく、ご自身も自信を持てるようになり、表情や性格まで明るくなっていくものです。

当院では保険診療を中心に行っていますので、無理に高額な自由診療メニューを押し付けるようなことは一切ありませんが、より歯をきれいにする治療をご希望される方には、ご提供できる準備がございます。

横溝歯科クリニックが扱っている被せ物の種類

保険の歯科治療で一般的に用いられる銀歯には、安価であるというメリットがありますが、時間が経つにつれて金属イオンが溶け出し、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となることがあります。また、保険では接着のために使えるセメント材も限られているため、どうしても少しずつ隙間ができてしまいます。そうした事態を避けられるものとして、セラミックを始めとする様々な選択肢があります。当院では、費用や効果、特徴などを総合的に判断し、患者さんとご相談の上で、最もご満足いただけるものをご提供しています。

保険診療の被せ物

銀歯

奥歯は基本的に金属を使った銀歯となります。

硬質レジン前装冠

前歯を保険診療で治す場合は、表がレジン(プラスチック)、裏が金属でできたものを使用します。

自由診療の被せ物

オールセラミック

セラミック(陶器)のみで作られているため、金属アレルギーの心配がなく、見た目も自然に仕上がります。ただし、強く噛むと割れてしまうことがあります。

メタルボンド

内部に金属を使うことで丈夫にし、外側はセラミックで自然な色合いに仕上げます。ただし、金属が中にあるため透明度がない白さになります。

ジルコニアクラウン

内部にジルコニアと呼ばれる固くて白い素材を使用し、表面はセラミックで自然な色合いにします。丈夫さと見た目を兼ね備えた被せ物だと言えます。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(プラスチック)を混ぜた素材です。金属アレルギーはありませんが、オールセラミックと比べると白さがやや劣ります。

横溝歯科クリニックが扱っている詰め物の種類

詰め物とは、歯を少しだけ削った時に使用する材料のことで、被せ物同様、保険診療と自費診療でそれぞれ選択肢があります。

保険診療の詰め物

コンポジットレジン

白くて柔らかいプラスチック素材を詰めて、その場で固めます。

銀歯

削った穴と同じ形の詰め物を金属で作り、はめ込みます。

自費診療の詰め物

セラミック

白いため治療したことが目立たないという特徴があります。また、銀歯と比べて汚れが付きにくいというメリットもあります。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(プラスチック)を混ぜた素材で、レジンよりは固く、オールセラミックよりは柔らかいという特徴があります。

歯医者ガイドスタッフブログ
048-487-3876 WEB予約