歯がなくなった方へ

tel_sp.png
WEB予約はこちらから

歯を失ってしまった時は

虫歯や歯周病が進行していくと、いずれは歯を抜かなければならなくなってしまいます。また、外傷などによって歯を失ってしまうこともあります。そういった場合には、必ずすぐに入れ歯・ブリッジ・インプラントのいずれかの治療を受けるようにしてください。1本くらい歯がなくても問題ないと考えて放置してしまう方もいらっしゃいますが、隙間があると歯並び全体が崩れていって、噛み合わせに問題が出てきます。また、いざ入れ歯やブリッジなどの治療を受けようと思っても、まずは歯並びを治すことから始めなければならないということにもなりかねません。歯を失うことがありましたら、まずは横溝歯科クリニックへご相談ください。

治療方法の比較

入れ歯とブリッジ、そしてインプラントは、それぞれメリットとデメリットがあります。患者さんのご希望とお口の中の状況に合わせて最も納得のいく治療を選択していただくことが重要ですので、当院では最初に患者さんとよく話し合うようにしています。ご不明な点や不安な点がありましたら、何でもお気軽におっしゃってください。

入れ歯

歯と歯茎が一体になっている、取り外し式の装置が入れ歯です。義歯と呼ぶこともあります。

メリット
  • 保険診療でできるものもある。
  • 治療期間が短い。
  • 取り外して丸洗いできる。
  • 他の歯を削る必要がない。
デメリット
  • 異物感が気になりやすい。
  • 強く噛むことができない。
  • 発音に支障が出ることもある。
  • 見た目が気になることがある。

ブリッジ

歯を失った箇所の両側に残っている歯を土台にして、橋をかけるように新しい歯を取り付ける方法です。

メリット
  • 保険診療でできるものもある。
  • 治療期間が短い。
  • 自分の歯と同じような感覚で噛める。
  • 異物感がない。
デメリット
  • 土台にする歯を削らなければならない。
  • 見た目が気になることがある。
  • 土台にする歯には、強い負担がかかり続ける。
  • お手入れしにくい。

インプラント

顎の骨に、歯の根っこの代わりになるもの(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける方法です。

メリット
  • 自分の歯と同じような感覚で噛める。
  • 異物感がない。
  • 見た目の仕上がりが自然。
  • 他の歯を削る必要がなく、負担もかからない。
デメリット
  • 保険が適用されない。
  • 治療期間が長い。
  • 口腔外科手術が必要。
  • 顎の骨が十分にない人には適用できない。

当院の入れ歯治療

歯を抜く治療をした方、また年齢を重ねられるなどしてご自身の歯が失われた方には、入れ歯による治療が最適となる場合が多々あります。一部の歯が失われた場合の「部分入れ歯」、全体の歯が失われた場合の「総入れ歯」といった大別があり、さらに材質や構造によって細かく分類されています。患者さんの年齢やライフスタイルなどを考慮して、最適な入れ歯を提案いたします。

保険診療の入れ歯

レジンの入れ歯

プラスチック素材で作られた入れ歯です。費用は抑えられますが、どうしても厚みが出てしまうのがデメリットです。

自由診療の入れ歯

金属床の入れ歯

土台に金属を使うことで丈夫で薄く仕上げることができます。また、温度を伝えやすいため飲み物や食べ物を美味しく感じやすいという特徴もあります。

シリコンの入れ歯

お口の中に接触する部分に、柔らかいシリコン素材を使用しています。痛みが気になる方には特にお勧めです。

アタッチメントの入れ歯

磁石や金属の部品などを使って、いつも同じ位置に確実に固定できるようにした入れ歯です。入れ歯が外れやすい方には特にお勧めです。

歯医者ガイドスタッフブログ
048-487-3876 WEB予約