一般歯科

tel_sp.png
WEB予約はこちらから

痛くない・削らない・抜かない虫歯治療

当院の虫歯治療は、できるだけ痛くないよう麻酔や処置の工夫をしています。また、可能な限り「歯を抜かない」治療を考えています。どうしても抜かなければならない場合はありますが、できるだけ多くの歯を残しておくことが、生涯を通して健康的な生活を送るために不可欠ということは言うまでもありません。同じように、削らずに済む場合は削らない処置を行い、歯の将来性を大切にします。患者さん一人ひとりの歯の状態を見せていただき、徹底した説明のもと、将来に向けて最も良いと思われる治療をご提案いたします。これまで他の歯医者さんで納得のいく治療を受けられなかった方も、ぜひ当院へご相談ください。

歯周病の原因と、放置しておく危険性

歯周病は、お口の中に残ってしまう細菌が原因で発症する病気です。細菌が塊になったものを歯垢(プラーク)と呼び、これが歯茎の炎症を引き起こすのです。そして歯を支えている顎の骨まで溶かしていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯のグラつきや口臭でお悩みの方は、ほとんどの場合、歯周病が原因になっていると考えられます。さらに、歯周病は自覚症状がないまま進行するという特徴があり、40歳以上の方は、ほぼ全員が歯周病ケアをしていく必要があります。歯を失う前に、予防や早期治療を始めるようにしましょう。

横溝歯科クリニックの歯周病治療

歯周病の治療には、お口の状態に合わせた様々な方法があり、診断を通じて患者さんと共に治療方法を決定します。その中でも特に代表的な歯周病治療が、「クリーニング」と「スケーリング」、そして「フラップオペレーション」です。

1お口のチェックとクリーニング

歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の深さから歯周病の進行度を調べ、お口の中を全体的にお掃除していきます。

2スケーリング

歯みがきでは落とせない歯垢(プラーク)、そして歯垢が固まってできる歯石を、専用の器具で除去します。また、歯周ポケットの中にも汚れがある場合は、そちらも取り除きます。

3フラップオペレーション

歯茎内部の深い部分に汚れが残っている場合は、切開してその汚れをきれいに除去します。また、歯周病がかなり進行している場合には、骨を取り除くこともあります。

親知らずの抜歯

親知らずは、歯みがきでは届きにくい場所にあるため、虫歯や口臭など、お口の健康を妨げる原因になりやすいものです。当院では、そんな親知らずの抜歯処置も行なっております。大きな手術が必要なケースですと、大学病院などをご紹介する場合もありますが、通常は当院内での治療が可能です。また、歯茎の中に親知らずが埋もれてしまっているようなケースでも、切開処置ができる場合があります。まずは当院にご相談いただければ、一人ひとりに合った適切な処置方法をご提案いたします。

根管治療

根管治療とは、「歯の根っこ」に対する治療です。前歯や奥歯を問わず、歯には顎の骨に支えられている根っこの部分があり、その中は根管と呼ばれる細い管が通っています。虫歯がかなり進行した場合は、歯の根っこに膿ができている場合には、細長い器具を用いて歯の神経や汚れを丁寧に取り除き、根管の中をきれいな状態にする特別な治療が必要になります。当院では、歯の根っこが細菌で侵されてしまった時も、安易に歯を抜くのではなく、できるだけ残すための治療を行っています。
(ただし、場合によっては歯を抜いた方が残りの歯への悪影響がなくなることもありますので、状況に合わせて判断するようにしています)

歯医者ガイドスタッフブログ
048-487-3876 WEB予約